7 20 2021
Kekst CNC、2021年上半期の日本におけるM&AおよびシェアホルダーアクティビズムのPRアドバイザーのトップに

*English to follow Japanese


2021年7月20日

日本におけるM&Aやシェアホルダーアクティビズム(物言う株主)は、今年も大変活発な状況が続いています。この半年間、日本でM&Aやシェアホルダーアクティビズムに関わるクライアントを、これまでにないほど支援できたことを光栄に思います。Kekst CNCは、メディアや投資家、従業員、顧客、ビジネスパートナー、規制当局に至るまで、クライアントにとって最も重要なステークホルダーと効果的にコミュニケーションを図るための戦略を策定・実施してきました。

Mergermarketによると、2021年1月~6月のM&A国内PRアドバイザーランキングにおいて、Kekst CNCが案件数ベースで2位に大差をつけて第1位となりました(2020年の第2位からランクアップ)。また、アジア太平洋地域全体では当社は僅差で2位にランクインしており、この地域でM&AのPRアドバイザーとしての当社の存在感が高まっていることを示しています。

また、ブルームバーグのランキングでは、Kekst CNCは、シェアホルダーアクティビスト(物言う株主)と関わる企業のPRアドバイザーとして、アジア太平洋地域(主に日本)で上位にランクインしました。2021年上半期、Kekst CNCは、件数ベースで第2位(2020年の第4位からランクアップ)、株式数ベースでは第1位にランクされました。

 

 

----------------------------------------------------------------

Kekst CNC ranked as top PR advisor for work around M&A and shareholder activism in Japan in 2021 First Half

 

20 July 2021 – M&A and shareholder activism activity has remained high in Japan since the beginning of the year. Kekst CNC is honored that our clients involved in M&A and shareholder activism in Japan have turned to us more than ever over the last six months to help them develop and implement communications strategies to most effectively engage the stakeholders that matter most to them, from media, investors and employees to customers, business partners and regulators.

According to Mergermarket, Kekst CNC is ranked by a wide margin as the No. 1 PR advisor by deal count for Japan (up from a No. 2 position in 2020) for January to June 2021. For Asia-Pacific overall, Kekst CNC was ranked a close No. 2 reflecting a strong and growing recognition of our firm as the PR transaction expert in this region.

According to Bloomberg, Kekst CNC is also ranked as a top PR advisor to companies engaged with shareholder activists in Asia-Pacific, which mainly means Japan. In the first half of 2021, Kekst CNC was ranked as the No. 2 PR advisor by number of engagements (up from a No. 4 position in 2020) and even No. 1 by the involved stake.