7 30 2020
【プレスリリース】新型コロナウイルスに関する国際世論調査

*English to follow Japanese

【新型コロナウイルスに関する国際世論調査】
日本人の66%が感染第二波を予想、日本より悲観的なのはイギリスとフランスのみ

日本人、調査国の中で最も経済的な不安が強い-
-安倍首相、調査国の中でコロナ危機対応において最低評価
-日本、7月に通常の職場で働いた結果「予想していたよりも良かった」と答えた割合が調査国の中で最低-

 

世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社Kekst CNC(ケクストCNC) は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの各1,000人、合計6,000人を対象に、4回目となる新型コロナウイルスに関する国際世論調査を実施しました(調査期間:2020710日~715日)。

スウェーデンを除くすべての調査対象国で、近い将来に感染の第二波が来ると予想している回答者が増加しました。日本人でそのように回答したのは5月の調査では59%でしたが、今回は66%でした。この調査で、日本人が健康面だけでなく経済的にも大きな不安を感じている時に、第二波への懸念も同時に抱えていることが分かりました。

また、日本は調査対象6か国の中で経済的な不安を感じている人の割合が最も高く、数値もこれまでで一番高くなりました。自身が失業するのではないかと懸念していると回答したのは38%(6月の調査では32%)、自分の会社が倒産しないか心配していると回答したのは36%(6月の調査では34%)に上りました。


雇用の喪失や企業の倒産に対する不安が国際比較で最も大きいことに加え、日本は他国と比較して、新型コロナによる生活や家計への悪影響が長く続くと予想している人の割合が最も多くなりました。影響が少なくともあと1 年は続くと思うと回答した人が、全調査対象国で5月および6月の調査結果よりも大幅に増加しましたが、日本ではビジネスへの影響に関して84%がそのように回答しました(6月は76%)。同様の回答は、家計への影響で70%(6月は62%)、自分の生活への影響で68%(6月は55%)となり、調査対象国の中で最も高くなりました。

調査対象6か国のリーダーに関しては、唯一ドイツのメルケル首相が国民から肯定的な評価を受けました。スウェーデンのロベーン首相は実質プラスでもマイナスでもない評価、フランスのマクロン大統領(-11ポイント)とイギリスのジョンソン首相(-12ポイント)、アメリカのトランプ大統領(-21ポイント)は否定的な評価結果となりました。中でも、日本の安倍首相においては-34ポイント(前回から-1ポイント)で、またも調査対象国の中で国民からの評価が最も低い結果となりました。



政府のビジネス支援策に対する非常に強い不満が、安倍首相および日本政府への否定的な評価につながった一因だと考えられます。企業が必要とするビジネス支援を政府が提供できていると回答した日本人は23%にとどまり(他5か国は2755%)、そのビジネス支援が本当に必要としている企業にきちんと届いていると回答したのはわずか16%でした(他5か国は3857%)。



今回の調査では初めて、全面的または部分的に通常の職場に復帰した、もしくは通常の職場での勤務を一部でも継続した従業員に対し、職場環境について聞きました。全調査対象国の回答者が通常の職場に戻ってみた経験について、予想していたよりも安全だった、生産性が高かったなど、全体的に良かったと前向きな回答をしました。

他5か国では、全体的に予想していたよりも良かったと答えた人の割合が1727%だったのに対し、日本でそのように回答したのは実質わずか4%にとどまりました。



Kekst CNCのアジア地域代表および日本最高責任者であるヨッヘン・レゲヴィーは次のようにコメントしています。「この結果から、日本の従業員が海外の従業員と比べて、現在の職場環境に満足していないことは明らかです。日本企業は、可能な範囲で勤務条件をさらに改善することを検討すべきです。これには、リモートワークの拡大や、より柔軟な勤務時間の導入も含まれるでしょう。」

※この国際世論調査の詳細はこちらでご覧いただけます(英語のみ):
https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-4/

調査概要

  • 調査対象者:         日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの18歳以上 各1,000
  • 実施期間:            2020年7月10日~7月15日
  • 集計結果について: 各国の年齢・性別および国内の地域的偏りを調整するために加重
  • 誤差の範囲:         +/- 3.3%(各国)

 

Kekst CNCについて
Kekst CNCは、世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社で、全世界で展開するPublicis Groupeの一員です。Kekst CNCは、アメリカ、ヨーロッパ、中東地域、アジア地域に13拠点で250人以上からなる専門チームが、さまざまなクライアントにサービスを提供しています。

Kekst CNCの日本オフィスは 、同社におけるアジア初の拠点として2004年に東京で設立されました。以降さまざまな分野において、200社を超えるグローバル企業や日系企業、各種団体に広報戦略を提供しています。特にM&Aコミュニケーションや株主アクティビズム対応などのファイナンシャルコミュニケーション分野に強みを持ち、コミュニケーションの視点から企業変革を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.kekstcnc.com/jp/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



International Survey on COVID-19:
66% of Japanese expect second wave with only people in UK and France being more pessimistic


- People in Japan have deeper economic concerns than anywhere else
- Prime Minister Abe gets worst rating among six country leaders for crisis handling
- Japanese are least positive about working at their regular workplace

 

Tokyo, 30 July 2020 – The 4th Kekst CNC COVID-19 international tracking survey has shown that more and more respondents in all countries except for Sweden are expecting a second wave of coronavirus infections in the near future. Compared to May, the figure for Japan increased from 59% to 66% of all respondents.

The research, carried out among a representative sample of 1,000 adults each in the US, UK, Germany, France, Sweden and Japan (6,000 adults in total) between 10 and 15 July, also found out that the second wave anxiety comes at the time when the Japanese people are not only concerned about health but do also worry strongly about their economic future.

Japanese show the biggest economic concerns among all six surveyed countries. A record figure of 38% of the respondents are expecting to lose their job (up from 32% in June), and 36% are worried that their company might collapse (up from 34% in June), far eclipsing all other countries.



In addition to having the strongest fears about job losses and company collapses by international comparison, Japanese also expect the negative impact to last much longer than their counterparts in other countries. In all six surveyed countries, the number of respondents expecting the negative effects of the crisis to last for at least another year has increased dramatically since May and again since June. In Japan, these are 84% for the impact on businesses (up from 76% in June), 70% for the impact on household finances (up from 62% in June) and 68% for the impact on their own life (up from 55% in June), much higher percentages than anywhere else.

While German Chancellor Angela Merkel received a strong net positive rating for her crisis handling, Prime Minister of Sweden Stefan Löfven received a neutral rating. French President Emmanuel Macron and UK Prime Minister Boris Johnson both fared slightly negative with net scores of -11 and -12; and US President Donald Trump was even given a net score of -21. Prime Minister Abe’s performance during the crisis received the worst rating with a net score of -34 (even one point lower than in June).



The most likely explanation for the negative ratings for Prime Minister Abe and the Japanese government during the crisis is a very critical evaluation of the government’s business support measures. Only 23% of Japanese think the government is giving the business community the support it needs during the crisis (versus 27% to 55% in the other 5 countries), and only 16% feel that this business support is getting through to the companies that really need it (versus 38% to 57% otherwise).




For the first time, the survey also looked at workplace evaluations in July of those employees that have even fully or partially returned to their regular workplace or have continued to work there at least partially. In all countries, respondents stated a positive workplace experience on a net basis, judging their regular workplace in July to be overall better than expected including being safer than thought and allowing them to be more productive than expected.

In Japan, this overall evaluation is however by far the least positive one. On a net basis, only 4% stated an overall better experience than expected – far below values between 17% and 27% for the other 5 countries.


Commenting on these findings, Jochen Legewie, Chairman Asia and Managing Director Japan of Kekst CNC, said, “Japanese employees are clearly less satisfied with their current workplace conditions than their overseas peers. Japanese employers should consider further improving working conditions where possible. This might also include an increase of teleworking and far more flexible working hours than in the past.”


Methodology and full results

  • Nationally representative sample of 1,000 adults each in Great Britain, Sweden, Germany, the United States, France and Japan.
  • Fieldwork took place on 10-15 July 2020.
  • Quotas and weights on gender, age and region in each country.
  • Margins of error of +/- 3.3% for all countries.

 

Full results of the survey available at:
https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-4/

 

About Kekst CNC

Kekst CNC is a leading global strategic communication consultancy. The team of over 250 experienced professionals serve clients from 13 offices in New York, London, Munich, Berlin, Frankfurt, Paris, Brussels, Tokyo, Seoul, Hong Kong, Dubai, Abu Dhabi and Stockholm.

As trusted advisors, the firm contributes its expertise on such high-stake matters as: M&A, shareholder activism and governance, crisis communications, restructurings, regulatory investigations, litigation support, investor relations, IPO communications, issues and reputation management, change management and employee engagement, as well as digital and social communications. The Tokyo office has been serving its Japanese and international clients since 2004.

For more information, please visit: www.kekstcnc.com

 

Click here to download the PDF of the English press release.