10 15 2020
【プレスリリース】新型コロナウイルスに関する国際世論調査

*English to follow Japanese

【新型コロナウイルスに関する国際世論調査】
日本政府が新型コロナ第二波の備えられていると考えている日本人はわずか18%

-日本人の33%が失業するのではないかと懸念、調査対象6カ国の中で最多-
-雇用主に最も期待することは給与・職場における安全衛生対策・雇用保護で、全調査対象国で共通-
-感染拡大に伴う対応における評価、日本の雇用主は調査対象国の中で最低-
-日本企業の社内・社員コミュニケーションに対して従業員は不満-

 

世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社Kekst CNC(ケクストCNC) は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの各1,000人、合計6,000人を対象に、5回目となる新型コロナウイルスに関する国際世論調査を実施しました(調査期間:2020年9月16日~9月22日)。

調査では、日本の回答者の62%が「今まで以上に自分の国の将来に不安を感じている」と答えました。イギリスで同様に回答したのは73%、フランスでは65%で日本以上に不安を感じている人が多く、アメリカでは日本と同程度(62%)、ドイツ(55%)とスウェーデン(44%)で同様に回答した人の割合は日本より少ないことが分かりました。

また、「政府は経済活動よりも感染拡大防止を優先すべき」と回答した日本人は43%で、経済活動を優先すべきと答えた25%よりも高い結果となりましたが、その割合は5月の16%、6月の22%、7月の22%から増加しています。

第二波を予想している人が多数、一方で政府の準備レベルを信頼している人は限定的

全調査対象国で、半数以上の回答者がこの1年以内に流行の第二波が来ると予想しており、日本では57%がそのように回答しました。

第二波が発生した際に、日本政府が適切に対応する準備ができていると考える日本人はわずか18%で、他の調査国よりもはるかに低いことが分かりました。

経済的な生活への強い不安と、続く日本政府のビジネス支援に対する不満

日本の回答者は、将来の雇用状況を非常に心配しています。イギリス、スウェーデン、ドイツ、フランスの1117%に対して、日本人の回答者のうち33%が、自身が失業するのではないかと考えています。アメリカの割合でさえ28%で、日本より低い結果となりました。

また、日本では、政府によるビジネス支援策に対する評価が、他の調査国と比較して大幅に低い状態が続いています。企業が必要とするビジネス支援を政府が提供できていると回答した日本人は22%にとどまり(他5か国は3549%)、そのビジネス支援が本当に必要としている企業にきちんと届いていると回答したのはわずか15%(他5か国は2841%)でした。

感染拡大に伴う対応において従業員が最も重要と考える分野で、低い評価を受る日本の雇用主

雇用主が今後3カ月で最も優先すべきことは何かと尋ねたところ、全調査対象国で期待されている上位3つは「給与」、「職場における安全衛生対策」、「雇用の保護」であることが明らかになりました。日本の回答者は、基本的には同じ3項目を優先事項として挙げており、特に「給与水準を適正に保つこと」と答えた人が非常に高くなっています(42%)。厚生労働省が109日に発表した8月の給与総額が273263円と5か月連続で減少したことからも、この結果は驚くにはあたりません。「金銭的なサポートを必要とする従業員への支援」が日本では特に上位に入っており(22%)、日本人の抱える経済的な不安がここでも表れました。

また、グローバルで上位3つのカテゴリーにおける雇用主の実際の対応について、日本人は他の調査国よりもはるかに批判的な評価をしました。イギリス、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、フランスでは、3項目すべてにおいて実質評価(プラスの評価-マイナスの評価)でプラスだったのに対し、日本の回答者は明らかなマイナスの評価をしています。日本では「職場における安全衛生対策」のみがわずかにプラス評価となりましたが、それでも他のどの国よりもはるかに低い結果となりました。

自社のコミュニケーションに不満を抱いている日本の従業員

他調査国と比較して日本の従業員は、雇用主の社内コミュニケーションに満足していないことも明らかになりました。頻繁に情報発信をする、効率的なコミュニケーションのためのデジタルツールを導入する、雇用の保護について明確なメッセージを伝える、長期的な企業戦略を明確に伝えるなどのすべての項目において、日本の組織・企業が新型コロナ危機の間、上手にコミュニケーションが取れていると答えた日本人は13~19%にとどまりました。一方、他5国の満足度は全項目で最大41~49%と、日本よりも大幅に満足度が高いことが分かりました。

今回の調査結果について、Kekst CNCのアジア地域代表および日本最高責任者であるヨッヘン・レゲヴィーは次のようにコメントしています。「コロナ禍における雇用主への要求の上位は、適正な給与・職場における安全衛生対策・雇用の保護と、世界中どこでも同じでかつ明確ですが、日本企業はこういった対応で、非常に低い評価を受けています。同様に日本の従業員は、自社の社内コミュニケーションに満足していません。これら複数の要素が組み合わさることで悪循環を生みだし、多くの企業にとって大きな課題となる可能性があります。」

 

調査概要

  • 調査対象者:         日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの18歳以上 各1,000
  • 実施期間:            2020年9月16日~922
  • 集計結果について: 各国の年齢・性別および国内の地域的偏りを調整するために加重
  • 誤差の範囲:         +/- 3.3%(各国)

※この国際世論調査の詳細はこちらでご覧いただけます(英語のみ):
https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-5

 

Kekst CNCについて
Kekst CNCは、世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社で、全世界で展開するPublicis Groupeの一員です。Kekst CNCは、アメリカ、ヨーロッパ、中東地域、アジア地域に13拠点で250人以上からなる専門チームが、さまざまなクライアントにサービスを提供しています。

Kekst CNCの日本オフィスは 、同社におけるアジア初の拠点として2004年に東京で設立されました。以降さまざまな分野において、200社を超えるグローバル企業や日系企業、各種団体に広報戦略を提供しています。特にM&Aコミュニケーションや株主アクティビズム対応などのファイナンシャルコミュニケーション分野に強みを持ち、コミュニケーションの視点から企業変革を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.kekstcnc.com/jp/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



International Survey on COVID-19:
Only 18% of Japanese think the government is prepared for a second wave

  • 33% of Japanese expect to lose their job, the highest figure among 6 countries surveyed
  • Employees’ top expectations globally incl. Japan are pay, healthy and safe workplace and job safety
  • Japanese employers are rated worst for their performance during the pandemic
  • Low satisfaction with internal and employee communications by Japanese companies

 

Tokyo, 15 October 2020 – The 5th Kekst CNC COVID-19 international tracking survey has shown that 62% of Japanese are more worried about the future of Japan than they have ever been before.

The research, carried out among a representative sample of 1,000 adults each in the US, UK, Germany, France, Sweden and Japan (6,000 adults in total) between 16 and 22 September, shows even higher concern levels in the UK (73%) France (65%), same concern in the US, and slightly lower ones in Germany (55%) and Sweden (44%).

The share of Japanese who want their government to limit the spread of Covid-19 is 43% and still far higher than those who like to see the government to prioritize the economy with 25%, although this number has increased from May (16%), June (22%) and July (22%).

High expectations of a second wave but limited faith in government preparedness

In all countries surveyed, more than half of the respondents expect a second wave of the coronavirus over the next 12 months. The figure for Japan is 57%.

Only 18% of Japanese think their government is well prepared to deal with a second wave of coronavirus should it occur, far less than in any other country.

Strong concerns about economic livelihood and ongoing dissatisfaction with the Japanese government’s business support

Japanese respondents are very concerned about their future employment situation. 33% of them expect to lose their job (compared to 11-17% in the UK, Sweden, Germany and France). Even the figure of 28% for the US is clearly lower than that for Japan.

Japanese continue to rate the business support provided by its government far lower than their global peers. Only 22% of Japanese feel that the government is giving business the right support it needs (compared to 35-49% in the other five countries). And only 15% think government’s business support is getting through to companies that really need it (compared to 28-41% in the other five countries).

Low ratings for employer performance during the pandemic in Japan in areas most important for employees

When asked what employers should prioritize the most over the next three months, the three top expectations over all six countries are very clear: pay, a healthy and safe workplace and job protection. Japanese respondents named basically the same three top priorities with a strikingly high share naming pay levels as their top priority (42%). This comes as no surprise as Japan nominal wages fell for the fifth straight month in August to 273,263 yen on average, according to the announcement by the Ministry of Health, Labor and Welfare on October 9. Providing financial support to employees, who require it, is ranked in particular high in Japan (22%) and again shows the high economic concerns here.

But Japanese rate the actual performance of their employers in the global top three categories far more critical than their counterparts in all other countries. While employers in the UK, the US, Germany, Sweden and France get positive net ratings for all three categories, Japanese respondents evaluate their employers clearly negative on a net basis. Only Health and Safety Measures in the Workplace are rated slightly positive in Japan but still far lower than in any other country.

Employees dissatisfied with communications by their companies

Japanese employees are also less satisfied than their international peers with the way their employers communicate. Whether it is about frequent short-term updates, digital tools for efficient communications, clear messages about job safety, about the long-term company strategy or other communication areas, only 13-19% of Japanese think that Japanese companies have been doing a good job during the Covid-19 crisis. The satisfaction is much higher in the other five countries with values going up to 41-49% for each surveyed area.

Commenting on these findings, Jochen Legewie, Chairman Asia and Managing Director Japan of Kekst CNC, said, “The top demands to employers under Covid-19 are the same everywhere globally and they are loud and clear: a reasonable pay, a healthy and safe workplace and job protection. Japanese companies are very lowly rated for their performance in these areas. Likewise Japanese employees are not satisfied with the internal communications within their companies. This combination might create a vicious circle and become a major challenge for many firms.”

 

Methodology and full results

  • Nationally representative sample of 1,000 adults each in Great Britain, Sweden, Germany, the United States, France and Japan.
  • Fieldwork took place on 16-22 September 2020.
  • Quotas and weights on gender, age and region in each country.
  • Margins of error of +/- 3.3% for all countries.

Full results of the survey available at: https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-5

 

About Kekst CNC

Kekst CNC is a leading global strategic communication consultancy. The team of over 250 experienced professionals serve clients from 13 offices in New York, London, Munich, Berlin, Frankfurt, Paris, Brussels, Tokyo, Seoul, Hong Kong, Dubai, Abu Dhabi and Stockholm.

As trusted advisors, the firm contributes its expertise on such high-stake matters as: M&A, shareholder activism and governance, crisis communications, restructurings, regulatory investigations, litigation support, investor relations, IPO communications, issues and reputation management, change management and employee engagement, as well as digital and social communications. The Tokyo office has been serving its Japanese and international clients since 2004.

For more information, please visit: www.kekstcnc.com

 

Click here to download the PDF of the English press release.