3 03 2021
【プレスリリース】新型コロナウイルスに関する国際世論調査

*English to follow Japanese

【新型コロナウイルスに関する国際世論調査】
イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの回答者が今年の東京オリンピック開催に反対、開催に懐疑的な見方を持つ日本と同様の結果に

-新型コロナウイルスのワクチン接種希望者が世界的に急増、日本では64%が接種希望-
-ワクチン接種者には行動制限措置がより早く緩和されるべきだと考える回答者は、調査国全体で3分の1、日本では30%-

世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社Kekst CNC(ケクストCNC) は、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの各1,000人、合計6,000人を対象に、7回目となる新型コロナウイルスに関する国際世論調査を実施しました(調査期間:2021211日~221日)。

調査は、新型コロナウイルスに対するワクチン接種が進んでも、状況はすぐには好転しないという国際的な懸念を示しており、これはアメリカを除いた全調査対象国の回答者が、今年の東京オリンピック開催に反対している結果にも表れています。

日本人の56%が、「東京オリンピックは、今年開催されるべきである」という意見に「同意しない」と答えました。イギリス(55%)、ドイツ(52%)、スウェーデン(46%)、フランス(37%)も、日本より割合は低いものの、開催に対して賛成よりも反対する回答者の方が多いことが明らかになりました。唯一、アメリカの回答者は、賛成と反対が33%ずつで意見が分かれました。

東京オリンピック開催に対する人々の否定的な態度は、行動制限措置の緩和に対する懐疑的な見方と密接に関係していると考えられます。

旅行や娯楽、その他の活動をするためにワクチン接種を受けたことを証明する「ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を導入すべきか尋ねたところ、全調査対象国の回答者がおおむね賛同していることが明らかになりました。イギリスでは、調査対象国の中で最も多い65%の回答者がワクチン接種証明書の導入に賛同しました。賛同した回答者の割合が比較的低かったのは、日本(43%)とドイツ(41%)でした。しかし、ワクチン接種者に対する行動制限措置の緩和を支持する人の割合は、ワクチン接種証明書の導入に賛同する人の割合よりも低い結果となりました。ワクチンを接種していない人よりも、接種した人の方が、早く行動制限措置が緩和されるべきだと考えているのは、全調査対象国の回答者の3分の1にとどまりました。また、この考えに同意する日本とドイツそれぞれの回答者は30%と27%で、調査対象国の中で最も割合が低い2か国となりました。


この結果は、ワクチン接種証明書の導入・活用について検討している政府や企業が、より慎重に検討を進める必要があることを示しています。ワクチン接種証明書が、新型コロナウイルスに対応する適切なツールであることを、世界中の人々がまだ確信していないためです。特に日本人は、行動制限を緩和することに慎重です。65歳以上のすべての人がワクチン接種を済ませたとしても、行動制限措置を完全に解除しても良いと考える日本人は、わずか10%でした。また、50歳以上のすべての人がワクチンを接種した想定でも、この割合は13%にしか増えませんでした。

一方で、世界中の人々がワクチンの接種に対して、より前向きになっていることも分かりました。ワクチンの供給開始に伴い、全調査対象国で、前回の調査(12月)と比較し、「ワクチンを接種する」と回答した人の割合が大幅に増加していることが明らかになりました。日本では、ワクチンを接種すると回答した人の割合が50%から64%に増加し、他の調査国とほぼ同水準となっています。


今回の調査結果について、Kekst CNCのアジア地域代表および日本最高責任者であるヨッヘン・レゲヴィーは次のようにコメントしています。「国際オリンピック委員会(IOC)と日本政府は、日本国内だけでなく、世界的にも今年の東京オリンピック開催に対して強い批判的な世論に直面しています。迅速かつ包括的で目に見えるワクチン接種の進展がなければ、世界中の懸念を払拭し、観客なしの規模を縮小した東京オリンピックを開催するこさえ、ますます難しくなっているように思います。」

 

調査概要

  • 調査対象者:         日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの18歳以上 各1,000
  • 実施期間:            2021211日~221
  • 集計結果について: 各国の年齢・性別および国内の地域的偏りを調整するために加重
  • 誤差の範囲:        +/- 3.3%(各国)

※この国際世論調査の詳細はこちらでご覧いただけます(英語のみ):
https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-7

 

Kekst CNCについて

Kekst CNCは、世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社で、全世界で展開するPublicis Groupeの一員です。Kekst CNCは、アメリカ、ヨーロッパ、中東地域、アジア地域に13拠点で250人以上からなる専門チームが、さまざまなクライアントにサービスを提供しています。

Kekst CNCの日本オフィスは 、同社におけるアジア初の拠点として2004年に東京で設立されました。以降さまざまな分野において、200社を超えるグローバル企業や日系企業、各種団体に広報戦略を提供しています。特にM&Aコミュニケーションや株主アクティビズム対応などのファイナンシャルコミュニケーション分野に強みを持ち、コミュニケーションの視点から企業変革を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.kekstcnc.com/jp/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------



International Survey on COVID-19:
Most people in Germany, France, Sweden and the UK oppose to holding
Olympic Games in Tokyo this summer reflecting same skepticism within Japan

  • Strong rise of people willing to take coronavirus vaccine globally – including 64% in Japan
  • Only one third of global respondents think restrictions should be lifted more quickly for vaccinated people than for others – 30% in Japan

Tokyo, 3 March 2021 – The 7th Kekst CNC COVID-19 international tracking survey shows strong opposition to holding the Olympic Games in Tokyo this summer not only among the Japanese but also in major countries outside of Japan. There is strong scepticism about a quick improvement of the situation even if vaccination against the coronavirus should pick up fast.

The research, carried out among a representative sample of 1,000 adults each in the US, UK, Germany, France, Sweden and Japan (6,000 adults in total) between 11 and 21 February, shows that 56% of the Japanese are opposed to holding the Tokyo Olympics this year. The figures for those in the UK, Germany, France and Sweden against the Olympic Games this summer are only slightly lower with 55%, 52%, 46% and 37% respectively. Only in the U.S., the share of proponents and opponents are split with 33% each and another 25% undecided and 9% with no opinion.

This negative attitude about Tokyo hosting the Olympics this summer is probably closely related to a general public scepticism about lifting restrictions gradually in line with the vaccination progress.

When asked whether they support the idea of vaccine passports – where certification is needed to travel, engage in entertainment or other activities like attending large sport events – people around the world generally agree. 65% in the UK in general like the idea of vaccine passports with slightly lower figures elsewhere. Even in Japan and Germany, where approval rates are lowest, there are still 43% and 41% respectively embracing this idea in general.

However, when asked more specifically about lifting restrictions, there is much less support for doing so. Only one third of respondents from all countries think that restrictions should be relaxed sooner for vaccinated people than for non-vaccinated people. Again, the lowest approval rates for such an approach are to be found in Japan and Germany with figures of 30% and 27% respectively.

These results indicate that governments and businesses considering the introduction and use of vaccination certificates need to proceed with caution.

People around the world are not yet convinced that vaccine passports are an appropriate tool to deal with the pandemic. The Japanese are in particular cautious about easing restrictions with only 10% willing to lift restrictions if everybody over the age of 65 has been vaccinated. And even if everybody over the age of 50 has been vaccinated, this figure only rises to 13%.

One encouraging sign comes with a more positive attitude to take the vaccine, which can be observed around the world.

As vaccine rollouts have commenced, higher numbers of people in all countries surveyed say they would take the vaccine. Figures have significantly increased everywhere from the last survey in December. In Japan, the percentage of those answering they want to get vaccinated rose from 50% to 64%, which is almost the same level as in other surveyed countries.

Commenting on these findings, Jochen Legewie, Chairman Asia and Managing Director Japan of Kekst CNC, said, “The International Olympic Committee (IOC) and the Japanese government are facing strong public opinion against holding the Tokyo Olympics this summer, both in Japan and around the world. Without fast, comprehensive and visible progress in vaccination, it seems increasingly difficult to overcome public scepticism and even to hold a scaled-down Tokyo Olympics without spectators.”

 

Methodology and full results

  • Nationally representative sample of 1,000 adults each in Great Britain, Sweden, Germany, the United States, France and Japan.
  • Fieldwork took place on 11-21 February 2021.
  • Quotas and weights on gender, age and region in each country.
  • Margins of error of +/- 3.3% for all countries.

Full results of the survey available at: https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-7

 

About Kekst CNC

Kekst CNC is a leading global strategic communication consultancy. The team of over 250 experienced professionals serve clients from 13 offices in New York, London, Munich, Berlin, Frankfurt, Paris, Brussels, Tokyo, Seoul, Hong Kong, Dubai, Abu Dhabi and Stockholm.

As trusted advisors, the firm contributes its expertise on such high-stake matters as: M&A, shareholder activism and governance, crisis communications, restructurings, regulatory investigations, litigation support, investor relations, IPO communications, issues and reputation management, change management and employee engagement, as well as digital and social communications. The Tokyo office has been serving its Japanese and international clients since 2004.

For more information, please visit: www.kekstcnc.com

 

Click here to download the PDF of the English press release.