5 13 2021
【プレスリリース】新型コロナウイルスに関する国際世論調査

*English to follow Japanese

【新型コロナウイルスに関する国際世論調査】
日本、新型コロナウイルスに対する懸念が主要6か国の中で最も強く、
2月以降さらに高まる 行動制限措置の強化と迅速なワクチン供給を強く求める声多数

-現在の行動制限措置は緩すぎると過半数が回答したのは日本のみ(71%)-
-日本政府の大幅な支持率低下の背景に、ワクチン供給のスピードなど政府の新型コロナ対応に対する不満-
-日本人の63%が今夏の東京オリンピック開催に反対、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスも反対-
-日本、週5日出勤に戻りたいと答えた回答者が調査国の中で最多(43%)-

世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社Kekst CNC(ケクストCNC) は、日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、フランスの各1,000人、合計6,000人を対象に、8回目となる新型コロナウイルスに関する国際世論調査を実施しました(調査期間:2021422日~430日)。

調査により、日本人が他の主要国の人々とは異なり、新型コロナウイルスに関する行動制限措置の強化を求めていることが明らかになりました。これは、これまでのワクチン供給のスピードに対する強い懸念と深い不満によるものと考えられます。また、日本人は今夏の東京でのオリンピック開催に強く反対しており、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスも同様に反対していることが分かりました。

 

様々な懸念、長引く影響、緩すぎる行動制限措置

日本は、国全体の経済状況(フランスも懸念が2月以降増大)、国全体のビジネスの状況、家計の状況、国民の健康状態(ドイツも懸念が2月以降増大)、家族の健康状態に対する懸念が2月以降、他のどの調査国よりも高まっている唯一の国となりました。また、日本は、新型コロナウイルスの感染拡大による各種影響が少なくとも今後1年は続くと予想する人の割合が非常に高く、7179%の回答者がそう答えました。なお、日本人の71%が、日本の行動制限措置は緩すぎると感じており、その割合は他国よりもはるかに高い結果となりました。

 

経済よりも感染拡大防止の優先を希望

これは、政府は新型コロナウイルスの蔓延を最小限にとどめることを優先すべきと考る日本人の割合が、20209月から継続的に上昇しており、前回の調査では54%に上っていたことから、想定内の結果だと言えます。同時に、政府が雇用や企業などの経済を守ることを優先すべきと考える人の割合は、20209月と比較して25%から17%に下がりました。

 

遅すぎるワクチン供給

日本人は、ワクチン供給のスピードに強い不満を抱いており、75%が「遅すぎる」と回答しました。これは他国に比較して非常に高い割合であり、同様に回答した人が2月は43%のみだったことを踏まえると、大幅に増加しています。イギリス、アメリカ、スウェーデンなどでは、不満を感じている人の割合が日本よりはるかに低いだけでなく、2月から減少しています。

 

日本政府のコロナ対応に対する低評価

2月以降、イギリス、アメリカ、スウェーデンの中央政府および保健当局の新型コロナウイルス対応に対する評価は大幅に改善しました。特に、イギリスとアメリカは極めて高い実質評価(プラスの評価-マイナスの評価)を得ましたが、フランスではわずかに、また日本とドイツでは大幅に低下しました。日本は、政府に対して最も否定的な評価をしており、評価はマイナス40%で、他国よりも20%以上低い結果となりました。

 

今年の東京オリンピック開催に反対

今年の東京オリンピックに関し、日本では開催に反対する人が63%(2月の調査の56%から上昇)、開催すべきと思う人は15%にとどまりました。また、イギリス、ドイツ、スウェーデンの回答者は約過半数が開催されるべきではないと答え、フランスでは、反対派(38%)が賛成派(27%)を上回り、今夏のオリンピック開催に反対しています。アメリカだけは、賛成派(44%)が反対派(23%)を上回り、33%が「どちらでもない」または「分からない」と回答しました。

日本の人々に、東京オリンピックが開催された場合、どの程度注目すると思うか尋ねたところ、18%が「全く見ない」、27%が「テレビで見るが、普段のオリンピックよりは見ない」と答えました。一方、「普段のオリンピック以上にテレビで見る」と答えた人はわずか8%で、「普段のオリンピックと同じようにテレビで見る」と答えた人は38%でした(「分からない」が9%)。

 

出勤かテレワークか:週5日出勤に戻りたい人の割合は日本が最多

今後の働き方に関し、1年後の理想的な働き方について尋ねました。テレワークが好まれると予想している人にとっては意外な結果となりました。主要6か国の64%は、週3日以上出勤したいと考えています。45%の回答者は、少なくとも週1日を出勤または在宅勤務か選択できる柔軟性を求めています。日本では、43%が週5日出勤を希望しており、世界的に見ても最も高い数値となっています。また、年齢が高くなるほど、週5日勤務を希望する割合が高くなり、1824歳では37%なのに対し、5564歳では55%の回答者が週5日出勤を希望していることが明らかになりました。

今回の調査結果について、Kekst CNCのアジア地域代表および日本最高責任者であるヨッヘン・レゲヴィーは次のようにコメントしています。「他の国とは異なり、日本では新型コロナウイルスに対する懸念が高まっています。その主な原因は、ワクチンの供給が遅れていることや、執拗に東京オリンピックの計画を進めようとする政府の対応にあります。これらの問題に迅速かつ説得力のある方法で対処しなければ、日本政府は国民の信頼をさらに失い、次の選挙で大きな逆風を受けることになるでしょう。」

調査概要

  • 調査対象者:         日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの18歳以上 各1,000
  • 実施期間:            2021年4月22日~4月30日
  • 集計結果について: 各国の年齢・性別および国内の地域的偏りを調整するために加重
  • 誤差の範囲:        +/- 3.3%(各国)

※この国際世論調査の詳細はこちらでご覧いただけます(英語のみ):
https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-8

 

Kekst CNCについて

Kekst CNCは、世界規模でサービスを提供している戦略的PRコンサルティング会社で、全世界で展開するPublicis Groupeの一員です。Kekst CNCは、アメリカ、ヨーロッパ、中東地域、アジア地域に15拠点で250人以上からなる専門チームが、さまざまなクライアントにサービスを提供しています。

Kekst CNCの日本オフィスは 、同社におけるアジア初の拠点として2004年に東京で設立されました。以降さまざまな分野において、200社を超えるグローバル企業や日系企業、各種団体に広報戦略を提供しています。特にM&Aコミュニケーションや株主アクティビズム対応などのファイナンシャルコミュニケーション分野に強みを持ち、コミュニケーションの視点から企業変革を支援しています。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.kekstcnc.com/jp/

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

International Survey on COVID-19:
Japan stands out as the country with highest and increasing concerns to COVID-19 since February leading to strong demands for tougher restrictions and a faster vaccine rollout

  • Japan is only country where majority of respondents think that current restrictions are too soft (71%)
  • Deep plunge in approval for Japanese government against backdrop of general handling of COVID-19 situation including dissatisfaction with speed of vaccine rollout
  • 63% of Japanese oppose to holding the Tokyo Olympic Games this summer; also opposed in the UK, Germany, Sweden and France
  • Japan has the highest number of people wanting to go back to the office (43%)

Tokyo, 3 March 2021 – The 8th Kekst CNC COVID-19 international tracking survey shows that Japanese people – different from their peers in other major countries – show demand for tougher COVID-19 restrictions. This feeling is based on the highest levels of concern and a deep dissatisfaction about the vaccine rollout so far. Likewise, the Japanese are strongly opposed to holding the Olympic Games in Tokyo this summer, an attitude shared by people in the UK, Germany, Sweden and France.

 

Various COVID-19 concerns, longer-lasting impact, and soft restrictions

The research, carried out among a representative sample of 1,000 adults each in the UK, U.S., Germany, Sweden, France and Japan (6,000 adults in total) between 22 and 30 April, shows Japan as the only country where concerns about the economy as a whole (France also sees an increase), about businesses in their country, about their household finances, about health of people in the country as a whole (Germany also sees an increase) and their family’s health than in any other country tracked have increased since February. Japan also has a very high share of people expecting the impact of the pandemic on various aspects to last at least another year ranging from 71-79% of all Japanese respondents. Additionally, 71% of Japanese feel that restrictions are too soft, a much higher share than in any other country surveyed.

 

Prioritization of limiting the spread over protecting the economy

This comes as no surprise as the percentage of Japanese respondents wishing the government to prioritize limiting the spread of COVID-19 has risen continuously since September 2020 to 54% in the last survey. At the same time, the percentage of those preferring the government to protect the economy went down from 25% to 17%.

 

Dissatisfaction with speed of the vaccine rollout

The Japanese are deeply dissatisfied with the speed of the vaccine rollout with 75% saying it is too slow. This is by far the highest figure by international comparison and a remarkable change from February when only 43% answered this way. In countries like the UK, the U.S. or Sweden, figures of dissatisfied people are not only much lower but have also decreased since February.

 

Low ratings for the Japanese government’s handling of COVID-19

While the central governments and health authorities in the UK, the U.S. and Sweden have all improved their net ratings for handing COVID-19 since February significantly with extremely positive ratings in the UK and the U.S, net ratings have gone down slightly in France and strongly in Japan and Germany. Japan stands out with the most negative ratings for the government at a net rating of minus 40%, which is more than 20% lower than any other country.

 

Opposition to the Tokyo Olympics

Turning to the future, 63% of the Japanese are opposed to holding the Tokyo Olympics this year (a rise from 56% in February), while only 15% agree they should go ahead. Additionally, the majority in the UK, Germany, Sweden responded that they should not go ahead and in France, the opponents (38%) outweigh the proponents (27%). Only in the U.S., proponents (44%) outweigh opponents (23%) with 33% either undecided or without an opinion.

When people in Japan were asked whether they would follow the Tokyo Olympics on TV in case the Games were held, 18% replied they would not follow them at all and 27% answered less than the usual Olympic Games. By contrast, only 8% replied they would follow them on TV more than usual Olympic Games with 38% following them on TV as much as usual Olympic Games (9% were undecided).

 

Japan’s preference for back to 5 days at the office

In another future-oriented area, respondents were asked what the ideal working mix would be between working at home and office one year from now. The result might be surprising for those predicting a clear preference for telework. 64% of workers globally want to spend three days or more per week in the office as opposed to their home. 45% overall want some degree of flexibility with at least one day per week at home and at the office. The Japanese stand out with 43% responding that the prefer a 5-day office week, by far the highest figure by international comparison. The older the population, the more they preferred having 5 days at the office, demonstrated by 37% of 18-24-year-olds and 55% of 55-64-year-olds preferring working the full week in the office.

Commenting on these findings, Jochen Legewie, Chairman Asia and Managing Director Japan of Kekst CNC, said, “Different from other countries, concerns of Japanese about COVID-19 are on the rise, which is mainly due to the government’s handling of the situation including the slow vaccine rollout and its insistence on going ahead with the Tokyo Olympic plans. Without addressing these issues in a fast and convincing way, the Japanese government will likely further lose the trust of its people and face significant headwinds in the upcoming fall elections.”

 

Methodology and full results

  • Nationally representative sample of 1,000 adults each in the United Kingdom, the United States, Germany, Sweden, France and Japan.
  • Fieldwork took place on 22-30 April 2021.
  • Fieldwork took place on 11-21 February 2021.
  • Quotas and weights on gender, age and region in each country.
  • Margins of error of +/- 3.3% for all countries.

 

Full results of the survey available at: https://www.kekstcnc.com/insights/covid-19-opinion-tracker-edition-8

 

About Kekst CNC

Kekst CNC is a leading global strategic communication consultancy. The team of over 250 experienced professionals serve clients from 15 offices in New York, London, Munich, Berlin, Frankfurt, Paris, Brussels, Tokyo, Seoul, Hong Kong, Dubai, Abu Dhabi and Stockholm.

As trusted advisors, the firm contributes its expertise on such high-stake matters as: M&A, shareholder activism and governance, crisis communications, restructurings, regulatory investigations, litigation support, investor relations, IPO communications, issues and reputation management, change management and employee engagement, as well as digital and social communications. The Tokyo office has been serving its Japanese and international clients since 2004.

For more information, please visit: www.kekstcnc.com

 

Click here to download the PDF of the English press release.